性病と性感染症の違いは何でしょうか?
読み方は違いますが、どちらも同じ意味です。
1998年の法律上で、「感染症法」に「性病予防法」が統合された事から、現在では「性感染症」という言葉を主に使うようになりました。

スポンサードリンク

性病と性感染症の違い

感染症法というのは、どのようなものをものを言うのでしょうか?

伝染病予防法やエイズ予防法、性病予防法という言葉は、1998年に法律が新しくなる前からある言葉です。
これらの言葉を1つに統合して「感染症法」という言葉になったのです。

今まで「性病」と呼んでいた病気名には、「梅毒」「淋病」「軟性下かん」「鼠径リンパ肉芽種」というものがありました。

しかし、その後「エイズ」や「クラミジア感染症」、「性器ヘルペス」といった、以前は性病に定義づけていなかった病気に、多くの若い人たちの間で発症するようになった事から、これらの病気もまとめて性病と呼ぶようになりました。
そして、その後これらの病気全てを「性感染症」と呼ぶようになりました。

しかし現代でも、性病という言葉は一般的にもよく使われています。

ですから、医師や専門家たちの間では「性感染症」という言葉を使用していますが、それ以外の人たちの間では、性感染症という言葉を意識して使わなくてもよいのではないでしょうか?
性病も性感染症も同じ意味であるという風に捕らえて使用しても問題ないでしょう。

「性病」というと、遊んでいる人等がなる病気というイメージがある事から、性感染症という風に呼ばれるようになったのもあるかもしれません。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

性病・性感染症の症状と検査:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://m.121b.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。